IT戦略評価サービス

真に経営戦略を実現するIT戦略の策定を
真に経営戦略を実現するIT戦略の策定を

1.IT戦略とIT投資の評価

  サービス

 IT戦略は、経営戦略を実現するために策定されるものです。

 策定したIT戦略が、真に経営戦略を実現するために必要かつ現実的な内容であり、算出されたIT投資額が経営戦略の実現のために適正な額であるかについて、弊社ITコーディネータが中立・公正かつ専門の立場から客観的に分析・評価します。

 

 ここで判断を誤ると、よく言われる「動かないコンピュータ」や、「誰も使わないシステム」を生み出してしまう結果となり、膨大な投資のムダを招くことになります。

 

 具体的には、IT投資をタイプ別に次の4つに分類し、それぞれのタイプごとに達成すべき目標や検証すべき効果の基準を設け評価を行います。

 

 評価の結果、もし何かしらの問題点または改善すべき点があった場合は、それらに対する改善策をアドバイスをいたします。

 

(1)業務遂行に係るIT投資の場合

企業が事業を展開する上で、また、ユーザが日々の業務を遂行する上で、どのような点が課題となっており、それがこのIT投資によってどの程度解決または改善されるのかという点が目標設定および評価のポイントになります。

 

(2)競争優位に係るIT投資の場合

競争優位に分類されるIT投資とは、ITを戦略的に活用することで、競合他社に差をつけたり、顧客に新たな付加価値やサービスを提供するような投資を指します。 したがって、生産性やコスト削減の視点だけでなく、事業にどれだけ直接的に貢献できるかが目標設定および評価の重要なポイントになります。

 

(3)社会的責任に係るIT投資の場合

社会的責任に分類される投資とは、コンプライアンス(法令遵守)、株主・顧客・取引先及び従業員の安全の確保、信用の確保等を目的とする投資です。 したがって、ここに分類される投資は、それがどの程度の具体的な経営効果を生み出すかを問うべき性格のものではなく、投資可否判断の際の目標設定や評価においては、背景、必要性、対応レベルといった定性的な事柄が中心になります。

 

(4)ITインフラに係るIT投資の場合

ITインフラに分類されるIT投資とは、上記(1)から(3)のための情報システムを運用する上で必要不可欠な情報システム基盤の構築・運営に必要な投資です。 したがって、ユーザにITサービスを提供するにあたって、どのような点が課題となっており、それがこの投資によってどの程度解決または改善されるのかという点が目標設定および評価のポイントになります。

 

 

2.TCO算定とIT投資効果の評価サービス

IT投資を評価する場合、単に情報システムの構築費用のみで費用対効果を評価するのではなく、

システム構築後の運用・保守、利用促進、さらには再構築に係るコストも含めた、システムのライフサイクル期間全体にわたるコスト、すなわち、TCOTotal Cost of Ownership)を算定し、それに基づいてIT投資の費用対効果を評価することで、投資効果を高めることが可能になります。

 

また、企業の資金を投下する投資は、営利を目的とする企業経営上、確実に回収しなければなりません。 IT投資についてもそれは例外でなく、しっかりとした投資回収計画を立て、投資計画に対する回収計画を評価することは、ITマネジメントとして重要です。

 

弊社ITコーディネータが中立かつ専門的な立場から、TCOを把握し、投資回収計画を評価し、経営者が正しい投資判断ができるようご支援します。