IT資源調達支援サービス

SLAでシステム開発のトラブルを回避
SLAでシステム開発のトラブルを回避

開発委託SLAの作成

サービス

 情報システム開発の委託業務に、あらかじめ、開発サービスの品質とレベルを明確に定義しておけば、事前に回避できるトラブルも少なくなく、また、トラブル発生に伴う費用や訴訟費用などの負担も回避できます。

 

 開発委託用のSLAService Level Agreement : サービス仕様および品質の合意書)を作成して締結することにより、委託する企業にとって、サービス内容や品質の適正な管理や評価が容易になります。 また、ベンダーにとってもサービス内容の透明化を図れることになります。

 

 本サービスでは、当社ITコーディネータが、中立・公正かつ専門の立場から、開発委託用SLAの作成をご支援します。

 

 

 

[期待される効果]

 

 開発用のSLAをあらかじめ取り交わすことにより、受発注社間において起こり得る契約等に関するトラブルを事前に回避し、また、「動かないコンピュータ」などの失敗するリスクや訴訟などの争いごとを、事前のSLAの取決めによって回避することが可能になります。

 

 

どのような開発委託SLAを締結すべきか

 

 委託企業とベンダー企業間で、契約期間中の開発プロセスを円滑に安全に進めるための管理項目、管理指標および相互の役割などを厳密に設定し、これを双方合意して遵守することがポイントです。 これにより合意して設定したスケジュール、見積工数、予算等に大きく乖離することなく、セキュリティを確保し、システム開発を円滑に達成することが可能になります。