IT資源調達支援サービス

的確なRFPでシステム開発コストを適正化
的確なRFPでシステム開発コストを適正化

提案依頼書(RFP)の作成支援・評価サービス

 システム開発をベンダーに外部委託する場合に、その作業の目的、背景、狙い、作業範囲、作業内容、金額、その他の条件などを提示し、提案・見積りを求めるために提案依頼書RFPRequest For Proposal)を作成し使用することが有効です。

 

 提案依頼書(RFP)とは、企業がシステム開発を外部委託する際に、解決したい課題や達成したい目的・目標、その他必要な要件をまとめ、発注先候補のベンダーに具体的な提案を依頼するための資料です。

 

 提案依頼書(RFP)は、ベンダーに良い提案とできるだけ正確な見積りをもらうための重要な情報伝達手段であり、プロジェクト全体の質を高めるため、及びシステム開発のコストを適正化するためにも欠かせない要素となります。

 

 経験豊富な弊社ITコーディネータが、中立・公正かつ専門の立場から、提案依頼書(RFP)作成、または作成されたRFPの評価のお手伝いをします。

 

 一般的に、システム開発に係るRFPの記載内容は以下の通りです

(1)システム概要 

① システム化の背景、目的、方針

② 解決したい課題、狙いとする効果

③ 現行システムの概要

④ 組織概要

⑤ 業務内容と業務フロー

(2)提案依頼事項

① 提案の範囲、要件内容・業務の詳細

② 新システム構成、品質・性能条件

③ 運用条件

④ 納期およびスケジュール、納品条件

⑤ 定例報告および共同レビュー、体制

⑥ 開発管理・開発手法・開発言語

⑦ 移行方法、教育訓練、保守条件

⑧ 費用見積(可能な限り詳細に)

(3)提案手続きについて

① 提案手続き・スケジュール、対応窓口

② 参加資格条件、選定方法について

③ 開発に関する条件

④ 開発期間、作業場所

⑤ 開発用コンピュータ機器・使用材料の負担、貸与物件・資料

(4)保証要件

① システム品質保証基準

② セキュリティ

(5)契約事項

① 発注形態

② 検収、保証年数(瑕疵担保責任期間)

③ 機密事項、著作権等

 

 

[期待される効果]

・提案内容、見積価格などのベンダー間の比較検討が可能になります。

・提案内容と見積費用を勘案したベンダーの選択が可能になります。