IT資源調達支援サービス

システム構築費用の最適化をご支援
システム構築費用の最適化をご支援

個別プロジェクト計画の評価

サービス

 企画段階にある情報システムの構築に係る個別プロジェクト計画を、次の着眼点からレビュー・評価し、システム構築費用の最適化を図ります。

 

 

(1)システム化の目的は明確か

システムの構築は売り上げや収益向上など企業活動への貢献と経営課題の解決が目的であり、システム構築それ自体が目的なわけではありません。

いわゆる「手段の目的化」に陥らないよう、どのような経営課題を解決するのかという目的を明確にし、それに合致したシステム構築を行うことが重要で、このことによって、経営課題の解決に有効なシステム構築と構築費用の節減を実現できます。

 

(2)必要不可欠な機能のみに絞られているか

ユーザに必要な機能、欲しい機能をヒアリングしていくと、いろいろな要望が出てきて、機能が膨大となり、システム規模が大きくなることが少なくありません。しかしながら、実際にその機能をすべて作っても、そのほとんどが使用されないことも少なくありません。 

したがって、システムの機能を決める時には、必要不可欠な機能のみに絞ることがコスト節減のコツになります。

 

(3)要求仕様は明確になっているか

システム構築の見積をベンダーから取得する場合、ベンダーはリスク対応分をその中に含めます。これが大きいと、見積金額が大きくなります。

このような事態を防ぐには、新システムのビジネスフローや作成する帳票の詳細などをRFP(提案依頼書)として明確に示すことにより、ベンダー側のリスクが減少し、より正確な見積りが可能になり、結果として見積額を低減させることが可能になります。

 

(4)アウトソーシングの利用を検討しているか

システムの規模がさほど大きくない場合には、システムの構築にアウトソーシングを活用することにより、コストを節減することができる場合があります。

 

(5)運用性/保守性を設計時から考慮しているか

システムを使用し始めてからの運用費用は、システム構築時から考慮しておかないと、システムが稼働した後で節減するのは非常に難しいので、システムは運用開始後の運用費用を考慮した構築を行うことが重要です。

 

(6)データ活用の仕組みを設計時から考慮しているか

省力化のためのシステム構築の場合でも、さらにシステムで得られるデータを業務で十分活用できるように、当初からデータの活用の仕組みを組み込んで構築することで、所期の省力化の効果に加えて、より大きなコスト節減効果を得ることが可能になります。