IT資源調達支援サービス

最適なクラウドサービスの選定をご支援
最適なクラウドサービスの選定をご支援

クラウド・サービスの利用検討サービス

 SaaS(Software as a Service)等のクラウド・サービスは、ユーザ企業がシステムそのものを所有しないで、クラウド・サービス事業者が稼働する業務システムなどをインターネット経由で利用する形態となります。

 データのセキュリティ確保などの問題はありますが、コスト面ではかなりのメリットがあります。また、利用料金がかかるだけでシステムを自社保有する必要がないので、初期投資も維持費用も必要ありません。

 ただし、自社のシステムではないので機能面で独自のニーズは実現できません。クラウド・サービスは、パッケージソフト以上に自社独自の業務処理を実現することはできません。

 

 情報システムの提供するサービスを利用するには、手作りのシステム、パッケージソフト購入、クラウド・サービスなどに分かれます。 

 それぞれの長所短所、コストを見極めて、業務目的、業務プロセスに適合した最善のシステム利用方法を決める必要があります。

 

[期待される効果]

 クラウド・サービスの利用による場合、次の効果が期待できます。

(1)経済性

   利用者自らは機器やアプリケーション等のコンピュータ資源の

   調達・運用・保守を行わないことから、初期投資を要すること

   なく、またアプリケーションの改修コストも不要となり、サー

   ビスとして従量制課金モデルで利用することが可能であるた

   め、経済性の実現が可能です。

(2)迅速性

   利用者にとって、コンピュータ資源をサービスとして直ちに利

   用可能であり、サービス提供までの時間を大幅に短縮すること

   が可能です。

(3)情報セキュリティ対策の負担軽減

   情報セキュリティ対策はクラウド・サービス提供事業者が実施

   することから、セキュリティ対策の負担と負荷から解放または

   負担軽減されることが可能です。

 

[懸念事項・要検討事項]

 一方で、クラウド・サービスを利用する場合、以下が懸念事項・要検討事項となります。

(1)安全性・信頼性の確保

   クラウド・サービスは、複数の利用者・組織等がコンピュータ

   資源を共有するものであり、特に安全性・信頼性の高いサービ

   スが求められますが、その実現に向けた取り組みはまだ発展途

   上であると言えます。したがって、クラウドサ・ービスを利用

   する際には、当該クラウドサービスのSLA(サービスレベル合

   意書)及びセキュリティ対策基準等を十分確認し、当該業務・

   システムに求められるセキュリティ基準に合致しているか等を

   十分に確認することが必要になります。

(2)データの所在と可監査性

   クラウド・サービスにおいては、データの所在を利用者が必ず

   しも把握できません。したがって、クラウド・サービスで利用

   するデータの内容を十分勘案して、個人情報等の高い機密性が

   求められる場合には、データの所在を常に把握できるようにす

   る等、サービス利用者としての可監査性担保することが必要で

   す。

(3)業務継続性

   クラウド・サービス提供事業者側の理由によりサービス内容の

   変更・停止等が発生することにより、利用者側の業務の継続が

   困難となる懸念があります。したがって、クラウド・サービス

   を利用する業務・システムの業務継続性に係る要求事項を十分

   に勘案し、高い業務継続性が求められるもの、長期間継続する

   必要があるもの等については、当該サービスの停止時に備えた

   リスク・ヘッジが必要です。

 

 

 一般に、クラウド・サービスの利用によるITコスト削減の効果は大きいですが、メリットとデメリットを十分に考慮して選択する必要があります。

 

 弊社ITコーディネータが中立かつ専門的な立場から、貴社にとって最適なクラウド・サービスの選定をご支援します。