IT運用コスト削減支援サービス

SLAに基づくサービスレベルと料金の適正化
SLAに基づくサービスレベルと料金の適正化

アウトソーシングの料金適正化サービス

 ~SLAに基づくサービスレベルと料金の適正化~

 システム運用業務の一部または全部を外部にアウトソーシングしている場合は、支払っているアウトソーシング費用がブラックボックス化していて、その内訳がわからない場合があります。

 

 特に、運用保守人件費については、アウトソースされたベンダー(アウトソーサー)が、どのような人員で、また、どのような進め方で業務を遂行しているかがユーザ企業から見えにくいこともあり、適正でない費用が請求される場合があります。

 

 契約者双方が、サービス内容とレベルを詳細に取り決めて、アウトソーサーがそのサービスを保証するSLAを作成し、このSLAによって、過剰サービスを見直し、サービスレベルの適正化を図り、料金を適正に維持することが可能になります。

 特に、システム運用業務に係るSLAは、委託元企業とアウトソーサーとが、委託業務の目標とする一定水準以上の安全性、信頼性、効率性などを維持改善するために必要不可欠なツールと言えます。

 

 本サービスでは、当社ITコーディネータが、中立・公正かつ専門の立場から、システム運用業務に係るSLAの作成・導入及び運用をご支援し、それを通して、サービスレベルと料金の適正化の達成をご支援します。

 

 

[期待される効果]

・SLAを導入することにより、サービスの内容と品質が明確になる。

・品質を定量化すれば、費用対効果が検討しやすくなる。

・高い品質を求めるなら、コスト負担も高くなることが可視化される。